冬木さんの洞窟

2005-03-09

[]原風景&深く潜ること


響子さんの3月6日の記事( 私の原風景)にコメントをつけようとしたら、コメントとしてはあまりにも長くなってしまったので、自分の場所にもって来ました。


――コメント――


『白雪姫』の赤い血、、白い鳩……。

なるほど! 確かに、作品を拝読しているものにとっては、そのへんが響子さんの原点だというのは凄く納得できます。


ところで、響子さん以外にも子供の頃に白雪姫や『は生きている』を読んだ人はたくさんいると思いますが、その、たくさんいる人たちの中で、その読書体験が深く印象に残っている人と、別にそうでもない人とがいますよね。

それは、どんな形で読んだかにもよると思いますが(『白雪姫』でも幼児向けにひどく省略されちゃったものだと『血のように赤く』のセリフはないだろうとか、印象的な絵が付いてたら印象に残りやすいだろうとか)、やはり、その人が心の中に持っていた『何か』とそれが合致するかどうかなのでしょうね。

同じものを読んでも、その人の持つ趣味・志向・感性によって感じ方が違うから、響子さんには当時既にそれらのイメージに強く共感する下地があったのでしょう。


そういう『下地』は、どうやって形成されるのでしょうね。

当然、それまでの読書体験も、ものをいっているのでしょうが、それまでの読書で何を感じ取ってきたかというのも、その人の下地しだいでしょうから、更にその前にも、既に何らかの下地は出来ていると思うんです……。


そして、無意識の海に潜るということ。

私の場合、自分は潜らずに『ここ』にいて、無意識のほうが勝手に自分の中まで泡のように浮かび上ってくる、もわもわと滲み出て来るという感じみたいです。

だから、『潜って』いくことの苦しさは、あまり意識したことないです。

私の無意識って、あまりちゃんと接続が切れてなくて、常にダダ漏れなんでしょうか……(^_^;)


でも、無意識が指を通して紙(とか画面)の上に勝手に流れ出しているような時でも、私は別に憑依状態ではなく、自分はあくまで普段の自分のまま『ここ』にいるんです。

たぶん、そのために、自分ごと深く潜ってしまう響子さんのような、どっぷり幻想な文章には、あまりならないのです。

無意識の中に深く潜っていくという行為が、響子さんの幻想に深みをもたらしているのでしょうね。

だから、私は、響子さんの文章に惹かれるのでしょう。

tierintierin2005/03/10 23:42響子です。私が自力で読んだ初めての本が白雪姫なんですよ。保育園児だったので3~4歳ぐらいだったか、と。三つ子の魂、百まで。といいますが、その頃からはっきりと好き嫌いがありますし、個性があるんですよね。空想家で本好きで引っ込み思案でニコニコ間抜けな笑顔でぼう~としているのは保育園児だった頃と笑っちゃうほど変わらないですから。思えば不思議ですよね。物心つくまでにどうやって“下地”がつくられていったのか。うちの母は子守歌がわりに絵本(白雪姫とか氷の女王とか)を読んでいたそうですから、その影響かも。
長くなったので、無意識の海に潜る話は、自分の日記で書きます(汗)。

FannyFanny2011/10/02 16:34Thanks guys, I just about lost it looknig for this.

hkbafodmkhkbafodmk2011/10/03 02:20cq8QSH <a href="http://yzxtetgdbglk.com/">yzxtetgdbglk</a>

hdowxwkcgeahdowxwkcgea2011/10/03 17:00pFUXMd , [url=http://raqxmgicjlev.com/]raqxmgicjlev[/url], [link=http://qoekdkfkffgb.com/]qoekdkfkffgb[/link], http://gctbyurgpgrm.com/

iueqqfiueqqf2011/10/06 18:23AeePL1 <a href="http://dmmhntvbbzoc.com/">dmmhntvbbzoc</a>

uaxkajcgesuaxkajcges2011/10/07 02:13cz4Yng , [url=http://jlevfttgdehq.com/]jlevfttgdehq[/url], [link=http://yfmmmkpytmfd.com/]yfmmmkpytmfd[/link], http://upqcsgrytscl.com/