冬木さんの洞窟

2004-11-05

[]最初に意識した『異世界』


と~ってもお久しぶりです。皆様の記事にコメントをつけるだけで満足していて、ふと気づくと自分の日記を丸3ヶ月も書いていませんでした!

あまりにも久しぶりで、いざ書こうとしたら、はてなダイアリーの使い方をすっかり忘れてしまってました……(^^ゞ


有沢さんゆめのさん瀬戸見さんがお話している、最初に『異世界』を意識して読んだ話という話題にまざりに来ました。

私は、ライトノベルや漫画に接する前に、とても長いこと、児童文学系ファンタジーにどっぷりと親しんできたので、そっち方面からのアプローチになります。


私が最初に『異世界』を意識して読んだ本は、覚えていませんが、あえていうなら『ナルニア』かなと思います。

だとすると、小学校の6年生の時でしょうか。


それまでも私は児童文学のファンタジーをたくさん読んでいたはずで、異世界が舞台のものも、きっとあったと思いますが、有沢さん同様、それが『異世界』であるという意識は、あまり無かった気がします。


そもそも、幼年向けの児童文学では、通常、幻想の世界は現実の世界と地続きであり、この世界とは別のところに異世界があるのではなく現実の世界に空想の世界がオーバーラップするものが多いと思います。

現実と空想の区別の無い幼児期の心の世界がそのまま描かれているのですね。


例えば、子供たちは、自分の家の前をどんどん歩いていくだけで、いつのまにか、や山などの異界に入り込んでいきます。

すると、そこには、言葉を話す動物たちやオバケや鬼や妖精たちがいるのです。

けれど、子供たちはそれを、単なる場所の移動と認識していて、自分が異世界に行ってきたなどとは思っていません。

子供たちの認識では、や山奥の異界は、今、自分がいるこの世界の別の場所に、ちゃんと存在しているのです。


その感覚は、昔話の中の隠れ里訪問と似ていると思います。

『おむすびころりん』や『したきりすずめ』のおじいさんや、『見るなの座敷』の若者が訪れる、ネズミの国やすずめのお宿、うぐいすの屋敷みたいなものです。


または、場所を移動しなくても、今いるその場所が、ごく自然に、スムーズに不思議の世界に移行してしまうことも、幼年児童文学では当たり前のことです。

対象年齢が低くなればなるほど、それは、より当たり前になり、むしろ、そうでないもののほうが珍しくなります。


たとえば、幼児向け絵本の中では、動物が口を利いたり二本足で歩いたりするのは当然のことで、もちろん現実にはそんな動物はいないわけですが、読むほうは、普通、それをいちいち疑問に思い、『現実にはありえないそんなことが起こるんだから、そこは異世界だ』などとは思いません。

子供の夢の世界は現実の世界と常に重なり合って、裏になったり表になったりと、あいまいに揺らぎ続けており、何の前ぶれも無く簡単に入れ替わり、裏返るのです。


そういう幻想世界は、『異世界』ではなく、子供の夢の国、精神世界、インナースペースなのです。

そこは、その子供が訪れることによって初めて存在し、動き出す世界です。

子供がそこを訪れていない時は、その世界は、たぶん、存在しないのです。

あるいは、存在していても、時が止ったように凍結しているのです。

あるいは、動いていても、日常のルーチンを繰り返しているだけで、変化はしないのです。


ところが、『ナルニア』には、そういう、『子供の夢の国』『空想の世界』でない、確固たる別世界があったのです!


洋服ダンスの奥を進んでいくと異世界に出るという『ライオンと魔女』の異世界への道程は、押し入れが異世界への通路となる古田足日の『おしいれのぼうけん』や松谷みよ子の『モモちゃん』シリーズのネズミの王様の話などと良く似ています。

でも、ちいさいモモちゃんが垣間見るネズミの国と、ナルニア国は、違うのです。


なぜ、幼年童話の中のいくつもの夢の国と『ナルニア国』が違うのか。

それは、あの国は主人公たちが訪れていない時にも、ちゃんと存在し、この世界のそれとは違うけれどそれなりに統一性・継続性のある確固たる法則に従って動き続け、日常生活が営まれ、歴史が紡がれているからです。

だから私にとって、『ナルニア』は、こことは別の世界、『異世界』と認識されたのです。


私が出会ったそういう『異世界』は本当に『ナルニア』が最初のものだったのかどうかは、定かではありません。

神沢利子の『銀のほのおの国』のほうが先だったかもしれないし、何か別の異世界召喚ものや、『この世界』が全く出てこない純ハイ・ファンタジーを読んでいたかもしれません。

でも、明らかにそれ以前に読んだと思われる児童文学ファンタジーの数々――例えば『ふらいぱんじいさんのぼうけん』だとか『ドリトル先生』シリーズ、『エルマーとりゅう』、『床下の小人たち』、『木かげの家の小人たち』等々――をつらつらと思い返してみても、純粋な『異世界』はあまり思いつかないのです。

例えば、ドリトル先生が住んでいる『沼のほとりのパドルビー』は、架空の街(たぶん……)ではあるけれど、物語の中ではイギリスのどこかということになっているし、エルマー少年が訪れる『どうぶつ島』も、この世界のどこかの街から海路や空路で行かれる場所であるはずだし、ミス・ビアンカが住んでいる世界にはノルウェイや南極が存在したはず……という具合に。


というわけで、私の最初の異世界は『ナルニア』かなと思います。

『ゲド』や『ホビット』を読んだのはそれより後なので。



[]『異世界=外国』ギワク


書かないときはぜんぜん書かないくせに、書くとなったら話が長い冬木です……。

有沢さんたちのお話を伺っていて思ったのですが、どうやら、私にとっては、『ファンタジーの世界=イギリス(&アイルランド)』だったらしいです。

イギリスにはドリトル先生もいれば魔法使いもドルイドもいるし、王様もお姫様もナイトもいる!(ような気がする……)


ちょうど先日、テレビで、『'70年代中ごろの女の子の憧れの国はイギリスだった』(←なぜキティちゃんはロンドン生まれかという話題から……)と言っていましたが、そういえば、たしかに、私、どっぷりその世代ですよ!

(ついでに、キティちゃんとも、そういえばその誕生以来の、古~いお付き合いですよ。いえ、別にグッズを集めたりしてるわけじゃありませんが)


なかでも、特に、アイルランドとか、ケルト文化圏。

『コーンウォールの聖杯』などに出てくる、不思議な響きの地名、人名。

何もかも魔法の国の言葉のように聞こえて、神秘的で、わくわくしました。


ただ、当時は、何しろ子供だったので、それらの物語の舞台が現実にあるイギリスだのアイルランドという国だったり、そこをモデルにした架空の国だということは、あまり認識していなかったと思います。

そのため、後に、大人になって、色々と本を読んでいたら、「なんだ、あの、昔、私が魔法の国だと思っていた場所は、アイルランドとか、その辺だったのか!」と気づき、目から鱗が落ちる思いでした。


でも、それでその後、私がイギリスやアイルランドの歴史や風俗にすごく興味を持ち、いろいろ本を読み漁るようになった……ということはありません。

もちろん興味はあるんですが、むしろ、あえてあまりそっち方面には触れないようにしているフシがあります。


というのは、ケルト文明についてとっても詳しくなってしまったりすると、ケルト世界が夢の国、魔法の国でなくなってしまうような気がするからです(他の人にとっては別にそんなことはないと思います。あくまで、私にとっては、です)。

私にとって、ドルイドなどがいる世界は現実のイギリスだのアイルランドだのではなく、あくまで神秘の異世界、おとぎの国であって欲しいのです。

2004-07-31

[]制服率調査2


調べなくても多いのは分かってるから無駄なような気がするけど(^_^;)、なんとなく始めたちゃったからには終わらせなきゃ気がすまない、女子高生異世界召喚モノ制服率&落っこち方調査の続きです。


『Dexire!』。登校中に車にはねられ、増水中の川に落ちて召喚。制服姿。下校時ではなく登校時なのがちょっと珍しい?


『SkyHigh,FlyHigh!』。召喚されかたが変則的。最初に一度、下校途中に喘息の発作で一瞬意識を失いかけたとき(?)に制服姿で召喚され、向こうの世界で気絶して、こちらに戻ってくる。その後、就寝中にパジャマ姿で再度召喚。


『RU』。マンションのベランダから私服で転落して召喚。向こうの世界では空から降ってきたことに。文字通り『落っこち』モノ?


『永遠の瞳』。ヒロインは中学三年生。塾の面談中に制服姿で召喚。異世界で現れた場所は湖。透明な結晶の中に『氷結』していた。


異界の闇姫~四大陸物語・蒼の大陸』。ヒロインは大学生。私服。『気がつくと異世界にいる』パターンがほとんどの中で、異世界への移動過程が詳細に描かれるのが珍しい。


『ラスディリア戦記』。学校帰りに突然召喚。なので、たぶん制服姿。


『太陽は君のもの!』。ジョギング中にお迎えが来て召喚。トレーニングウェア姿(!)


『緋の月華 晦の地維』。夜中に呼び出されて忍び込んだ学校の屋上から、飛び降りた友人を追って(?)転落。服装は不明だけど、たぶん部屋着の上にコート。


『イルファーラン物語』。気がつくと制服姿で異世界の川の浅瀬に倒れていた。


『異国の少女』。異世界に連れ去られていた少女がこちらの世界に帰ってきて、その後……という変則的な召喚モノ。服装は異世界の衣裳。


『Double Moon』。服装不明。召喚経過不明。普通は魂魄だけで行き来する世界らしい。何度も行き来できる。


『はるかなるMilky Wayで』。SF風。遊園地でデート中に宇宙船を見つけて乗り込む。なので、たぶん私服。


召喚時の服装についてのまとめです。


中・高校生が制服で異世界に行く……10

中・高校生が制服以外で異世界に行く……5(パジャマ1 たぶん部屋着1 デート服2 トレーニングウェア1) 

ヒロインが大学生……2

その他・不明……2


以上、作品数は18ですが、一作、パジャマと制服で二回召喚されているものがあるので合計は19になってます。

服装が分かっていてヒロインが中高校生の場合の制服率は3分の2でした。

思ったよりは少なかったかも?


召喚されるタイミング。

下校時(『帰って来てすぐ自宅から』含)……6

就寝中(『朝起きたら』含)……2

デート中……2

登校中……1

その他(ジョギング中・深夜の学校から・水泳の授業中・塾の面談中・不明等)

……と、やはり下校時に召喚されることが多いようです。

なんで登校時ではなく下校時なんでしょうか……?

登校時のほうが学校に行かなくて済んで、逃避行動としてはより効果的でラッキーなような気がするんですけど(^^ゞ

登下校時だけでなく、授業中・学校の屋上からなど、召喚時の状況が『学校』に関係しているのが10作。

18作品中、ヒロインが中高校生なのは15作品で、そのうち10作は召喚時に学校が絡んでいます。まあ、中高校生は日中のほとんどを学校で過ごすわけだから、当然でしょうけど。


その他の要素では……


『水』率。召喚時に水が関係している作品は18作品中4作品(22%)。


『落っこち』率。召喚時に落下(水中への転落含む)が関係している作品は18作品中5作品(28%)。


その他、気づいたことは、こちらの世界で何らかのきっかけがあった後で気を失うなどして、気がつくと異世界にいた場合が多く、異世界に行く過程が描かれることは少ないこと。


以上、何の役に立つのか分からない、あまり意味のない統計でした。

きんときんと2004/08/05 17:04調査、ごくろうさまでした!
やっぱり学校と制服は切っても切れない関係なんでしょうか。下校時に多いというのは、主人公の意識が解放されているからかもしれません。放課後のポケ~ッとした気分の中に異世界の入り口が。。。(^o^)。「誰かがいなくなる」という状況が「行き」より「帰り道」の方がしっくりいく、という感じもなんとなく自分の中にある気がします。何かに気を取られたり、寄り道したり、そういうバリエーションも豊富ですし。
『水』『落っこち』については召喚という受動的な設定であるから、やはり「流される、落っこちる、飛ばされる(飛ばされるは少ないでしょうか。竜巻とか日本じゃあまりないし)」などという要素で書かれるのでしょうね。自分から行くという設定であれば、ずいぶんと様子が違うのかもしれません。
こういう風に統計を取ってみると、召喚ものという物語での状況認識がどこに固定されているかわかって面白いですね。
もちろん、実際に作品を読む時はパターンを踏んでいてもパターンから外れていても、面白ければどちらでもいいのですけど。

KionaKiona2011/10/01 21:19A miunte saved is a minute earned, and this saved hours!

vgapxkvgapxk2011/10/02 23:33t75nwV , [url=http://hsrnnvvhvyva.com/]hsrnnvvhvyva[/url], [link=http://dcnxsnnzcugm.com/]dcnxsnnzcugm[/link], http://ztdondvcosxd.com/

hemuqhjhemuqhj2011/10/04 00:37Ia32DI <a href="http://jqldqwypumye.com/">jqldqwypumye</a>

qynhvusybilqynhvusybil2011/10/06 23:25BudBv4 , [url=http://nrypwufiegtp.com/]nrypwufiegtp[/url], [link=http://mflrafjftolf.com/]mflrafjftolf[/link], http://fbarfdmotpua.com/

2004-07-27

[]なぜ『女子高生』なのか


有沢さんの記事で、『女子高生異世界召喚図書館』は、なぜ『女子高生』なのかという話がありました。


私が主催しているジャンル限定リンク集『女子高生異世界召喚図書館』は、タイトルには分かりやすいように『女子高生』とつけていますが、高校生に限らず、中学生から大学生程度に相当する年齢の、思春期の女の子全般を想定しています。

それは、有沢さんが仰るとおり、思春期の、社会的に自立していない少女というものが、『中途半端』な、『未だ何者でもない』存在であるからだと思います。


『七歳までは神のうち』と言う言葉があります。

乳幼児の死亡率が高かった昔は、七歳以下は、まだちゃんと人間の仲間になりきっていなくて、神様の世界に属するものだったのです。

それと同じように、高校生ぐらいまでは、まだ完全に人間世界の住民になりきっていない、どこかまだ足場の定まらない存在なのではないかと思います。

(まあ、中には、十代だろうと学生だろうと、すっかりこの世界に根を下ろして足場の定まっている人もいるでしょうが、私の場合、自分がこの世界の人間であることに本当に納得がいったのは30近くなってからだったような気がします)


私にとって、『未だ何者でもない女子高生』は、まだ完全に現実世界の人間になりきっていない存在――七歳以下の子供がそうであるように異界に近い存在なのです。

現実と非現実の間で揺れている存在。

そういう在り方が、私にとっては、切実な吸引力を持つのです。


私自身はとっくの昔にいい大人ですが、心のどこかに、『未だ何者でもない私』が今でも隠れていて、『未だ何者でもないもの』を書かずにはいられず、また、そういう存在を書いたものを読み続けずにはいられないらしいのです。

その切実さは、もしかすると一生薄れることがないかもしれません(まあ、先のことは分かりませんが)。


ちなみに、なぜ、単に『高校生』ではなく『女子』に限定したかというと、単なる趣味です(^^ゞ

なるべく絞り込んだ、ピンポイントなものが作りたかったんですよ。ピンポイントな隙間需要に応える、小規模ながら独自性のある、『濃い』リンク集を目指したかったのです。

で、どうせ絞るなら、『男子』に絞るより『女子』に絞るほうが自分の好みに合っていて楽しそうだったので……(^^ゞ

2004-07-25

[]異世界召喚モノの制服率


きんとさんとありさわさんの『異世界召喚モノと制服』についてのお話を読んで、女子高生異世界召喚図書館収録作品の『制服』率を調べてみようかと思いたちました。

ついでに、せっかくたまたま手元にサンプルが揃っているので、簡単な召喚経過なども統計をとってみると面白いかと、記録してみます。

まだ調べ途中なのですが、とりあえず途中経過をご報告。

現在登録されている作品を、上(新着)から順に見て行きました。


一番上、『女子高生は退魔師!?』は、学校帰りに制服姿で召喚。異世界の人がこちらにやってきて、向うに引っ張り込まれる形です。


次、『アクア+イリュージョン』は、放課後に出かけた美術館で召喚。放課後だけど制服姿だったようです。展示品の宝石を見ていたら吸い込まれるように召喚。


次、『風色』は、学校帰りに制服姿で。一緒にいた親友が道に落ちていた綺麗な石を拾ったとたんに二人一緒に召喚。


次、『WISH』は、学校から自宅に帰ってきて、セーラー服のタイを解きながら本を開いたところ、本の中に召喚。だからもちろんまだ制服を着たままだったと思われます。


次、『自由と暁』は、大学生なので制服なし。朝目覚めると異世界にいた。


次、『人魚姫』は制服姿で学校のプールに落っこちて海底世界に召喚。


今、調べたのはここまでで、時間切れです。

まだ途中ですが、途中経過を他の場所にメモしておくのも二度手間なので、ここにメモ。


ちなみに拙作『イルファーラン物語』は、本文ではまだ明かされていませんが、学校から帰ってきて自宅から制服のまま召喚されています。


というわけで、今のところ、主人公が大学生な一作を除き、すべて制服姿です。通学中に召喚される場合は、なぜか帰り道が多いのも特徴のようです。

続きは後日。

2004-07-16

[]『異界』と『異世界』


異世界召喚などの話をしていて思ったのですが、必ずしも、『異世界』=『異界』ではないんですよね。

ここのキーワード解説にも『異世界とはいっても、単純に現実世界と別であればすなわち異界とは限らず、現実世界と相容れない、別の規範により動いている世界だとおもってよい。』と書いてあるとおりですが。


異世界ファンタジー(召喚モノ含む)における『異世界』は、通常、いかにこの世界と異なる世界であろうと、その世界に住んでいる人にとっては、そこが普通の、『現実』世界なのであり、その世界なりの確固たる法則に従って動いているわけです。

その法則が、この世界のそれとはいかにかけ離れていようと、その世界では、それが普通の理であり、『現実』なのです。


中には、異世界召喚ファンタジーで召喚先の異世界が冥界や夢の世界のようなあいまいで不確実な世界であるような場合もあり、そういう場合は、そこは『異界』でしょう。

が、召喚先が、普通に人間が生活している別世界である場合、そこは、『こちら』から見れば『異界』のように見えたとしても、そこに行ったとたん、もう『異界』ではなく、単なる、『こことは別の現実世界』になってしまうのです。


だから、異世界召喚ファンタジーというものは、しばしば、『異界』を『現実』の地平に引き下ろしてしまうものかもしれません。


そして、その世界こに住む人たちは、おそらく、心の中に、その人たちなりの『異界』を持っているでしょう。

それは、その世界のの奥だったり、海の果てだったり、冥府だったり……。


異界』は逃げ水のようなもので、そこに行ったとたんに、『異界』ではなく単なる『別の現実世界』になってしまうのですね。


もちろん、すべての異世界召喚ファンタジーがそうなのではなく、幻想色が強いものの中には、『もう一つの現実世界』ではなくあくまで『異界』に赴くものもあるでしょうが、すぐには例を思いつきません。

あ、『銀河鉄道の夜』は、『異界』への旅かもしれませんね。『千と千尋』の、あの世界も、『異世界』ではなく『異界』かも。

あと、なんとなく、高年齢向けの異世界召喚ファンタジーよりも、低年齢向けの童話のほうに、現実的な『異世界』ではなく、夢に程近い『異界』に極自然に入り込んでしまうようなものが多いかもしれないと言う気もします。


私、トンネルの向うや家と家の隙間から海が見える光景が大好きなのですが、それは、トンネルや町並みの『こちら側』から見ることで、その『向こう側』にある海を『異界』として感じることが出来るからだと思います。

トンネルを抜けたら、そこに異界があるような気がするのです。


実際にトンネルをくぐって、あるいはもう一本海寄りの道を通って海辺に出たら、そこはもう、今までいたところと同じ、ただの現実世界なのです。

でも、もし、現実の自分の足でトンネルを歩いて通らずに、地続きの道を歩かずに、肉体を脱ぎ捨てた魂だけになって、『向う』の海にたどり着くことが出来たら――そうしたら、この世の海ではない異界の海辺にたどり着けるような気がします。


異界』は、命あるものには――肉体を纏ったままでは――永遠にたどり着けないから『異界』なのでしょう。


何か、何が言いたったのか自分でもよくわからなくなってしまいました(^_^;)

BuffBuff2011/10/01 21:05Not bad at all fealls and gallas. Thanks.

ttejbxmtzzttejbxmtzz2011/10/02 22:26Sk1TSo , [url=http://mlqflylmloij.com/]mlqflylmloij[/url], [link=http://kzgncqshxxst.com/]kzgncqshxxst[/link], http://ioxdygaulnkz.com/

szhjwjszhjwj2011/10/04 00:50lTf5c3 <a href="http://ncjvrlqpzbap.com/">ncjvrlqpzbap</a>

wmkekmrbwmkekmrb2011/10/07 00:10s6hDrm , [url=http://bgmsmjlvxugu.com/]bgmsmjlvxugu[/url], [link=http://nydjdjdjxzhv.com/]nydjdjdjxzhv[/link], http://qpicvrtybxyo.com/