冬木さんの洞窟

2005-03-09

[]原風景&深く潜ること


響子さんの3月6日の記事( 私の原風景)にコメントをつけようとしたら、コメントとしてはあまりにも長くなってしまったので、自分の場所にもって来ました。


――コメント――


『白雪姫』の赤い血、、白い鳩……。

なるほど! 確かに、作品を拝読しているものにとっては、そのへんが響子さんの原点だというのは凄く納得できます。


ところで、響子さん以外にも子供の頃に白雪姫や『は生きている』を読んだ人はたくさんいると思いますが、その、たくさんいる人たちの中で、その読書体験が深く印象に残っている人と、別にそうでもない人とがいますよね。

それは、どんな形で読んだかにもよると思いますが(『白雪姫』でも幼児向けにひどく省略されちゃったものだと『血のように赤く』のセリフはないだろうとか、印象的な絵が付いてたら印象に残りやすいだろうとか)、やはり、その人が心の中に持っていた『何か』とそれが合致するかどうかなのでしょうね。

同じものを読んでも、その人の持つ趣味・志向・感性によって感じ方が違うから、響子さんには当時既にそれらのイメージに強く共感する下地があったのでしょう。


そういう『下地』は、どうやって形成されるのでしょうね。

当然、それまでの読書体験も、ものをいっているのでしょうが、それまでの読書で何を感じ取ってきたかというのも、その人の下地しだいでしょうから、更にその前にも、既に何らかの下地は出来ていると思うんです……。


そして、無意識の海に潜るということ。

私の場合、自分は潜らずに『ここ』にいて、無意識のほうが勝手に自分の中まで泡のように浮かび上ってくる、もわもわと滲み出て来るという感じみたいです。

だから、『潜って』いくことの苦しさは、あまり意識したことないです。

私の無意識って、あまりちゃんと接続が切れてなくて、常にダダ漏れなんでしょうか……(^_^;)


でも、無意識が指を通して紙(とか画面)の上に勝手に流れ出しているような時でも、私は別に憑依状態ではなく、自分はあくまで普段の自分のまま『ここ』にいるんです。

たぶん、そのために、自分ごと深く潜ってしまう響子さんのような、どっぷり幻想な文章には、あまりならないのです。

無意識の中に深く潜っていくという行為が、響子さんの幻想に深みをもたらしているのでしょうね。

だから、私は、響子さんの文章に惹かれるのでしょう。

tierintierin2005/03/10 23:42響子です。私が自力で読んだ初めての本が白雪姫なんですよ。保育園児だったので3~4歳ぐらいだったか、と。三つ子の魂、百まで。といいますが、その頃からはっきりと好き嫌いがありますし、個性があるんですよね。空想家で本好きで引っ込み思案でニコニコ間抜けな笑顔でぼう~としているのは保育園児だった頃と笑っちゃうほど変わらないですから。思えば不思議ですよね。物心つくまでにどうやって“下地”がつくられていったのか。うちの母は子守歌がわりに絵本(白雪姫とか氷の女王とか)を読んでいたそうですから、その影響かも。
長くなったので、無意識の海に潜る話は、自分の日記で書きます(汗)。

FannyFanny2011/10/02 16:34Thanks guys, I just about lost it looknig for this.

hkbafodmkhkbafodmk2011/10/03 02:20cq8QSH <a href="http://yzxtetgdbglk.com/">yzxtetgdbglk</a>

hdowxwkcgeahdowxwkcgea2011/10/03 17:00pFUXMd , [url=http://raqxmgicjlev.com/]raqxmgicjlev[/url], [link=http://qoekdkfkffgb.com/]qoekdkfkffgb[/link], http://gctbyurgpgrm.com/

iueqqfiueqqf2011/10/06 18:23AeePL1 <a href="http://dmmhntvbbzoc.com/">dmmhntvbbzoc</a>

uaxkajcgesuaxkajcges2011/10/07 02:13cz4Yng , [url=http://jlevfttgdehq.com/]jlevfttgdehq[/url], [link=http://yfmmmkpytmfd.com/]yfmmmkpytmfd[/link], http://upqcsgrytscl.com/

2004-11-24

[]詩人と長編書き


きんとさん

『歳を取ったおかげで長いまとまった文章が書けるようになった』『両方を得るほど才能はない』というのは、私も同じです!

私も、主に詩を書いていた頃は、自分にはまとまった小説は書けないと思い込んでいました。

確かに当時は書けなかったと思いますが、それだけでなく、その頃は、自分にはそういう才能・適性が無く、一生、長編をきちんと仕上げられることはないだろうと思い込んでいたのです。

が、今にして思えば、そんなことはありませんでした。

ただ、当時はまだ、長編を書きあがる素地・底力が足りなかっただけなのですね。


詩は、とりあえず感性だけで書けますが、長い作品を最後まで書き上げるには、ある程度の創作技法上の腕力(構成力とか文章力とか……)と精神的な基礎体力(根気とか計画性とか長期にわたる情緒の安定とか……)が必要であることが多いと思います。


もちろん、書くもののタイプや、その人の性格や才能のタイプにもよるので一概には言えないし、また、その、長編のための素地を得られる時期かいつ頃かも、その人の成長の速度によって違い、大変早熟な人や天才的な才能を持つ人は最初からきちんと構成された長編が書ける場合もあるでしょうが、普通、きちんと構成された長編を大きな破綻なく完結させることが出来るのは、早い人でも高校生(=十代後半)くらいからじゃないでしょうか?

中には、小中学生で長編を完結させられる人もいるかもしれませんが、それは、よほど早熟なのか、生まれついての天才であるかのどちらかでしょう。

(ちなみに、私の場合、人一倍オクテなので、長編が書けるようになったのは30近くなってからです。)


よく、『詩人は早死にするが小説家は長生きする』と言いますが、これは、詩はいつ死んでもおかしくないようなギリギリの不安定で刹那的な精神状態からこそ生まれやすいもので、小説、特に長編小説は、精神的にも肉体的にも体力と持久力があって一つのことにじっくり取り組める安定した状態でないと完成させ難いものだからではないかと思います。

詩人だから早死にして小説家だから長生きするのではなく、精神的にも肉体的にも長生き出来るような状態の人には長編小説が書けて、早死にするような状態の人には詩が書けるということではないかと……。


詩を書くような精神状態で長編小説を書く人も、いないことはないけれど、それは、命を削るような厳しい作業のではないかと思います。

(失礼ながら、響子さんは、わりとそういうタイプ寄りの書き手のような気がします。そういうギリギリの危ういところから『ロマンチック』を生み出す人なのではないかと。響子さんは、ものを書くとき、霊媒のように、巫女のように、深く自分の中に潜りこんで、そこから何か美しい、光るもの(=ロマンチック)を拾い上げてくる――そんな印象があります。でも、どうぞ、あんまり深く潜りすぎてうっかり命を削らないで下さいね(^_^;))


そして、詩を書く才能と長編を書く才能は決して両立しないものではなく、大人になっても両方が書ける人はもちろんたくさんいます。

老齢の詩人がたいへんみずみずしい詩を書いていることもあれば、優れた大長編と優れた詩を同時期に両方書いている人もいるでしょう。


でも、中には、長編が書けるような安定と体力を手に入れたとき、詩を書くための感性を失ってしまう人もいるでしょう。

全部は失わなくても、半分くらい失ってしまうこともあるでしょう。

私の場合、長編を書く精神的体力を手に入れた時、詩を書くための『危うさ』を半分くらい棄てたような気がします。

天才ならそんなことはないのでしょうが、いかんせん凡人で凡才なので……(^_^;)


でも、詩を書くための危うさを大人になっても持ち続けている永遠の『詩人』である人は、現実社会では、さぞかし生き辛いでしょうね。

だから、詩人は早死にするといわれるのでしょう。


そういうわけで、私は、小説を書き始めてから、あまり詩を書かなくなりました。

脳みその中の、『詩』用の部分より『小説』用の部分のほうが活性化しているらしいです。


もっとも、私の場合、詩も、もともと、自分の心情や幻想をストレートに描いたものよりも、架空の主人公を架空の状況に置いてその心情を表現するという、わりと虚構性の高いストーリー性のある詩が多かったので、自分の中に生まれた物語を詩という形式で書くか小説という形式で書くかの違いのような気もします。今は、生まれてくる物語が小説の形に変換されるようになったから詩にならなくなったらしいです。


なんだか、まとまりがない上に、あんまり幻想と関係ない話でごめんなさい。

それと、メンバーの皆様は分かってくださると思うのですが、念のため、私は別に小説の方が詩より技術的に高度であるとか文学として上等であるとか、あるいはその逆であるとかいうことを言っているのではありませんので、ご理解ください。

ただ、きんとさんが仰るように、それぞれ脳みその使う部分が違うということが言いたかっただけですので……。

2004-11-17

[]『幻想』に適した形式


砂漠の夢』にコメントくださった瀬戸見さん有沢さんきんとさん、ありがとうございます。

書いてるものと好きなものが違うのは私だけじゃないのですね。ちょっと安心したかもです。


自分が読みたいようなものを自分で作り出したくて書いてるはずなのに、ヘンですね~(^_^;)

技術的に下手で理想が実現できないというものありますが、それだけじゃなく、私にとって、『幻想』は自分で描き出すものではなく、他人に開陳してもらって楽しむものらしいです。

というわけで、皆様が提示してくださる幻想の数々をとても楽しみにしています。


ところで、有沢さんのお話を伺ったり、響子さんが『お題』で詩を提示しているのを見ていて思ったのですが、幻想を描くのに適した表現形式ってあるんじゃないかなと。


有沢さんが仰る『酔え酔え酔え~!』っていうタイプのもの、私、大好きなんですが(『よ~し、いいぞ~、さあ、思いっきり酔ってやるぞ~!!』という意気込みで迎え撃ちますから!)、そういう、『幻想の泉の中に自分からどぼんと浸かってしまう』タイプのものは、短編ならいいけど、それで大長編って、たぶん、ちょっと辛いですよね。


濃密な幻想の泉に延々と深く浸かりっぱなしでいることは、それがどんなに心地よい泉でも、普通人にはちょっと疲れる、湯あたりしちゃうことなのではないかと。(あれ? いつの間にか『幻想の温泉』に……?(^_^;))


そういうタイプの、全体にどっぷり幻想的な作品は、断章、掌編、短編、あるいは詩、散文詩などになりやすく、長編・大長編にはなりにくいのではないかという気がします。

長編で幻想という場合は、全編どっぷり濃ゆい幻想シーンの連続ではなく、全体は比較的あっさりしてたり、輪郭のはっきりした具体的なストーリーがあったりして、そんな中で要所要所だけ濃厚な幻想シーンというのが多いのではないでしょうか。


一口サイズのオードブルやデザートなら、ものすごく濃厚なのもいいけど、一食分の献立のすべてがコテコテの味付けだと辛くて、やっぱり、普通の白いご飯とかシンプルなパンでとりあえずお腹を膨らませたいですよね。


最初から最後までどっぷりディープな幻想尽くしの大長編というものが、絶対にありえないとは言いませんが、それを実現するには、書く方にも特別な資質と根性が要るし、読む方にも特別な適性と集中力が要りそうで、かなり読み手を選ぶ作品になるだろうと思います。


私の場合も、原稿用紙2000枚相当の大長編である『イルファーラン物語』は非幻想ですが、短編ならわりと幻想的なものも書いています。

今後も、もし、すごく幻想的なものを書くとしたら、それは、短編か、あるいは詩になるだろうと思います。


そういえば、私の場合、もともと、小説を書き始めるより前に、中学生の頃から長いこと詩を書いていたのです。

実は、たぶん、詩のほうがホームグラウンドなのです。

何しろ、昔は、詩が自分にとっては標準的な表現形式で、ストーリー性のあるものでも何でも、まずは詩の形で書くことしか思いつかなかったので、しまいにはストーリーもののSFまで散文詩の形で書こうとして挫折していたほどです(^_^;)


今にして思えば、ストーリーSFを詩の形式で書こうとするなんて、ずいぶん野心的な試みだと思うのですが、当時は、何しろ子供だったので、全くそういう認識は無く、自分にとってはそれが普通で自然なことだったのです(……スキルが伴わなかったので挫折しましたが(^_^;))。


で、幻想的なものは、ずっと、詩の形で書いていて、詩の枠には収まらない散文的な要素が膨らみすぎた時に、それなら……と、小説という形式にたどり着いたのです。

そんなわけで、私の小説は、もともと、詩の枠からはみ出した散文的な要素の塊なので、全編どっぷり幻想にはならないんだろうなと思います。


といいつつ、いつか、全編どっぷり幻想なものも書きたいなと憧れてはいて、特に、ここに参加してから、その憧れはますます募りつつあります。

有沢さんの『10のお題』からも創作意欲をかきたてられてます。

前々から温めていた断片的なネタが、10のお題のおかげで、頭の中で少しづつ形になりつつあったりします。

遅筆なので何年も後になるかもしれませんが、いつか書いて見たいと思っています。

2004-07-31

[]制服率調査2


調べなくても多いのは分かってるから無駄なような気がするけど(^_^;)、なんとなく始めたちゃったからには終わらせなきゃ気がすまない、女子高生異世界召喚モノ制服率&落っこち方調査の続きです。


『Dexire!』。登校中に車にはねられ、増水中の川に落ちて召喚。制服姿。下校時ではなく登校時なのがちょっと珍しい?


『SkyHigh,FlyHigh!』。召喚されかたが変則的。最初に一度、下校途中に喘息の発作で一瞬意識を失いかけたとき(?)に制服姿で召喚され、向こうの世界で気絶して、こちらに戻ってくる。その後、就寝中にパジャマ姿で再度召喚。


『RU』。マンションのベランダから私服で転落して召喚。向こうの世界では空から降ってきたことに。文字通り『落っこち』モノ?


『永遠の瞳』。ヒロインは中学三年生。塾の面談中に制服姿で召喚。異世界で現れた場所は湖。透明な結晶の中に『氷結』していた。


異界の闇姫~四大陸物語・蒼の大陸』。ヒロインは大学生。私服。『気がつくと異世界にいる』パターンがほとんどの中で、異世界への移動過程が詳細に描かれるのが珍しい。


『ラスディリア戦記』。学校帰りに突然召喚。なので、たぶん制服姿。


『太陽は君のもの!』。ジョギング中にお迎えが来て召喚。トレーニングウェア姿(!)


『緋の月華 晦の地維』。夜中に呼び出されて忍び込んだ学校の屋上から、飛び降りた友人を追って(?)転落。服装は不明だけど、たぶん部屋着の上にコート。


『イルファーラン物語』。気がつくと制服姿で異世界の川の浅瀬に倒れていた。


『異国の少女』。異世界に連れ去られていた少女がこちらの世界に帰ってきて、その後……という変則的な召喚モノ。服装は異世界の衣裳。


『Double Moon』。服装不明。召喚経過不明。普通は魂魄だけで行き来する世界らしい。何度も行き来できる。


『はるかなるMilky Wayで』。SF風。遊園地でデート中に宇宙船を見つけて乗り込む。なので、たぶん私服。


召喚時の服装についてのまとめです。


中・高校生が制服で異世界に行く……10

中・高校生が制服以外で異世界に行く……5(パジャマ1 たぶん部屋着1 デート服2 トレーニングウェア1) 

ヒロインが大学生……2

その他・不明……2


以上、作品数は18ですが、一作、パジャマと制服で二回召喚されているものがあるので合計は19になってます。

服装が分かっていてヒロインが中高校生の場合の制服率は3分の2でした。

思ったよりは少なかったかも?


召喚されるタイミング。

下校時(『帰って来てすぐ自宅から』含)……6

就寝中(『朝起きたら』含)……2

デート中……2

登校中……1

その他(ジョギング中・深夜の学校から・水泳の授業中・塾の面談中・不明等)

……と、やはり下校時に召喚されることが多いようです。

なんで登校時ではなく下校時なんでしょうか……?

登校時のほうが学校に行かなくて済んで、逃避行動としてはより効果的でラッキーなような気がするんですけど(^^ゞ

登下校時だけでなく、授業中・学校の屋上からなど、召喚時の状況が『学校』に関係しているのが10作。

18作品中、ヒロインが中高校生なのは15作品で、そのうち10作は召喚時に学校が絡んでいます。まあ、中高校生は日中のほとんどを学校で過ごすわけだから、当然でしょうけど。


その他の要素では……


『水』率。召喚時に水が関係している作品は18作品中4作品(22%)。


『落っこち』率。召喚時に落下(水中への転落含む)が関係している作品は18作品中5作品(28%)。


その他、気づいたことは、こちらの世界で何らかのきっかけがあった後で気を失うなどして、気がつくと異世界にいた場合が多く、異世界に行く過程が描かれることは少ないこと。


以上、何の役に立つのか分からない、あまり意味のない統計でした。

きんときんと2004/08/05 17:04調査、ごくろうさまでした!
やっぱり学校と制服は切っても切れない関係なんでしょうか。下校時に多いというのは、主人公の意識が解放されているからかもしれません。放課後のポケ~ッとした気分の中に異世界の入り口が。。。(^o^)。「誰かがいなくなる」という状況が「行き」より「帰り道」の方がしっくりいく、という感じもなんとなく自分の中にある気がします。何かに気を取られたり、寄り道したり、そういうバリエーションも豊富ですし。
『水』『落っこち』については召喚という受動的な設定であるから、やはり「流される、落っこちる、飛ばされる(飛ばされるは少ないでしょうか。竜巻とか日本じゃあまりないし)」などという要素で書かれるのでしょうね。自分から行くという設定であれば、ずいぶんと様子が違うのかもしれません。
こういう風に統計を取ってみると、召喚ものという物語での状況認識がどこに固定されているかわかって面白いですね。
もちろん、実際に作品を読む時はパターンを踏んでいてもパターンから外れていても、面白ければどちらでもいいのですけど。

KionaKiona2011/10/01 21:19A miunte saved is a minute earned, and this saved hours!

vgapxkvgapxk2011/10/02 23:33t75nwV , [url=http://hsrnnvvhvyva.com/]hsrnnvvhvyva[/url], [link=http://dcnxsnnzcugm.com/]dcnxsnnzcugm[/link], http://ztdondvcosxd.com/

hemuqhjhemuqhj2011/10/04 00:37Ia32DI <a href="http://jqldqwypumye.com/">jqldqwypumye</a>

qynhvusybilqynhvusybil2011/10/06 23:25BudBv4 , [url=http://nrypwufiegtp.com/]nrypwufiegtp[/url], [link=http://mflrafjftolf.com/]mflrafjftolf[/link], http://fbarfdmotpua.com/

2004-07-27

[]なぜ『女子高生』なのか


有沢さんの記事で、『女子高生異世界召喚図書館』は、なぜ『女子高生』なのかという話がありました。


私が主催しているジャンル限定リンク集『女子高生異世界召喚図書館』は、タイトルには分かりやすいように『女子高生』とつけていますが、高校生に限らず、中学生から大学生程度に相当する年齢の、思春期の女の子全般を想定しています。

それは、有沢さんが仰るとおり、思春期の、社会的に自立していない少女というものが、『中途半端』な、『未だ何者でもない』存在であるからだと思います。


『七歳までは神のうち』と言う言葉があります。

乳幼児の死亡率が高かった昔は、七歳以下は、まだちゃんと人間の仲間になりきっていなくて、神様の世界に属するものだったのです。

それと同じように、高校生ぐらいまでは、まだ完全に人間世界の住民になりきっていない、どこかまだ足場の定まらない存在なのではないかと思います。

(まあ、中には、十代だろうと学生だろうと、すっかりこの世界に根を下ろして足場の定まっている人もいるでしょうが、私の場合、自分がこの世界の人間であることに本当に納得がいったのは30近くなってからだったような気がします)


私にとって、『未だ何者でもない女子高生』は、まだ完全に現実世界の人間になりきっていない存在――七歳以下の子供がそうであるように異界に近い存在なのです。

現実と非現実の間で揺れている存在。

そういう在り方が、私にとっては、切実な吸引力を持つのです。


私自身はとっくの昔にいい大人ですが、心のどこかに、『未だ何者でもない私』が今でも隠れていて、『未だ何者でもないもの』を書かずにはいられず、また、そういう存在を書いたものを読み続けずにはいられないらしいのです。

その切実さは、もしかすると一生薄れることがないかもしれません(まあ、先のことは分かりませんが)。


ちなみに、なぜ、単に『高校生』ではなく『女子』に限定したかというと、単なる趣味です(^^ゞ

なるべく絞り込んだ、ピンポイントなものが作りたかったんですよ。ピンポイントな隙間需要に応える、小規模ながら独自性のある、『濃い』リンク集を目指したかったのです。

で、どうせ絞るなら、『男子』に絞るより『女子』に絞るほうが自分の好みに合っていて楽しそうだったので……(^^ゞ