異界

異界

この語句について

異界【い-かい】

 この世のものではない世界のこと。異世界。

 異世界とはいっても、単純に現実世界と別であればすなわち異界とは限らず、現実世界と相容れない、別の規範により動いている世界だとおもってよい。

 しかしながら、現世(現実世界)と遠く隔たっているわけではなく、現世のすぐとなり、或いは現世と重なり合うように存在していると考えられている。*1

 民俗学的には死人や幽鬼、あるいは土着の神などが存在するもうひとつの世界、としてあつかわれているらしい。

小説作品の紹介

そのほか

 上記の語句に対する説明文は有沢さんが一発書きで思いつきで書いたので、間違いが存在する可能性があります。

 間違いや異なった見解、あるいは同意など遠慮なく書いてください。

 問答無用で記事に随筆・雑文のところから記事本体にリンクするかもしれません。リンクして欲しくないようならそう明記するように。

*1:適用の範囲は分からないが恐らくかつての日本においてはそう考えられていたようだ。東洋的な思想であるのかもしれない。