遺跡

遺跡

この語句について

現在に残る、過去の人々の作り上げたもののうち、建物など動かすことが出来ないものをいう(たぶん)。

遺跡は跡であって、現代は使用していない/使用に耐えないものであり、寂れた場所である。そこには現在はない。ただ過去が厳然としてある。

そこには過去のひとびとが確かに生きていたのであり、我々がそのことを考えるとき、そこに感動を生ずる。

人が生きていたことが確かかどうかは分からない、という遺跡もあるが、それはそれで謎に浪漫を感じるものである。

随筆・雑文

小説作品の紹介

習作

そのほか

「この語句について」の文は有沢さんが書きました。

その他の項目は適当に追加等行ってくださって結構。

エッセイなど書いたら、編集してリンクを入れてくだされば幸い。

* はてなダイアリーキーワード:遺跡