響子さんの書斎 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004-11-17

[]幻想的作品のための10のお題『死者は還る』 幻想的作品のための10のお題『死者は還る』 - 響子さんの書斎 を含むブックマーク


 標高四千メートルの山から見る空は紺碧に染まり、黄土色に濁った川に寺院がゆらめいていた。

 みやげ物屋が並んでいる路には虚ろな目をした老人たちが木陰に座っている。指先が腐っている老婆、片足をなくした老人、髪が抜け落ち白く濁った目をしたもの、みな病気をもっている乞食だった。

 金属製の皿を差しだしては、哀れをさそう声で慈悲を乞う。その声は通り過ぎていく人の流れにとりのこされて、むなしく響いている。

 乞食の声には立ち止まろうとはしなかった人々の足がふいにとまった。瞬く間に人垣ができはじめる。幾重にも人で囲まれたなか、赤い花が手折られたように少女が石畳に横たわっていた。黒髪がまだ幼い顔に艶めかしくかかっている。胸に深々と突き刺さった刃から、少女の纏ったサリーよりも赤い粘つく流れが、集まった人々の足先を濡らしていく。一人の青年が歩み出て、少女の時を止めてしまった、見開いたままの目をしずかに閉ざしてやった。

 

 岸辺には円型の石檀がある。薪が積まれ、藁が布団のように覆っていた。白衣を着た僧侶が、藁に火をつけると、黒い煙がたなびき、薪から炎が吹き出す。少女の纏うサリーが彼岸花のように赤く、炎の愛撫をうけてゆらめき、燃えていく。

 

 僧侶は無言で、灰を川に落としている。一カ所にかたまっていた灰は、じきにゆらゆらと流れていった。

 いつしか、川の水は太陽に照らされ蒸発するだろう。天に昇り、また雨となって地上に降り注ぐだろう。

 灰が舞っているなかで、女たちがお喋りをしながら洗濯していた。

 巨大な火の塊が川に没し、赤く染まった石畳の路をゆく人々を照らしている。

--------------------

 これは、10年前に書いたやつです(^_^;。ネパールの写真集をみながら情景をスケッチしただけなんでストーリーはないです。死者は灰になって、大地へ水へ還っていく。生命は循環している。命の営みのそばに死がある。そういうのを書きたかったんだと思います。

瀬戸見瀬戸見2004/11/17 11:52こんにちは、響子さん。写真や絵画を見て文章が浮かぶときってありますよねー。そしてネパールといえば少女神クマリが気になるところです。この『死者は還る』のなかでも、赤い色が艶めかしくも鮮烈な印象で描かれていますが、私のなかのあちらの国の神さまの持つ赤のイメージと重なるような気がして、ただきれいなだけではない神秘性を感じました。

響子響子2004/11/17 23:14瀬戸見さん、コメントありがとうございます。これは情景描写の修行に書いたものなんですが、ネパールの写真集を見ていなければ、赤い色を強調してはいなかったと思います。赤、それは煉瓦の色、生贄の血がこびりついた壁の陰惨な色、女たちが纏う鮮やかなサリーの色、落日の色、その死と生が背中合わせの鮮烈な色に圧倒されます。行ったことないんですけどね。クマリは私も気になってますよー。女神でなくなった少女たちのその後はどうなのかな。ちゃんと人間として生きられるのかな。

冬木洋子冬木洋子2004/11/18 15:21風景や乞食たちや行きかう人々から、倒れている少女へ、更に流れる血へ……というカメラワーク(?)がいいですね。そして最後にまた洗濯をしている人なんかが出てくるところがいいです。こういう事件もあたりまえに含めて営々と生活が営まれている感じが、かえって夢幻的な余韻を残します。下の、『湖の乙女』の話も、すごく読みたいです。響子さんの作品には本当に『ロマンチック』がいっぱいありますよね。私は、自分が非ロマンチック体質なので、他人が描いてくれる幻想やロマンチックに、すごく憧れます。だから響子さんの書くものが好きならしいです。

響子響子2004/11/19 00:13冬木さん、コメントありがとうございます。ネパールの写真集の紀行文に赤いサリーの少女が殺されるというエピソードがあって、その情景が鮮やかに見えたので、書いてみたいと思ったのでした。いつもズバリと汲み取ってくださって、嬉しいです。
私は根っからロマンティストなんでしょうね。愛し合いながらもすれ違うドラマティックな悲劇と叙情性のあるロマンティック、こんなの現実の恋愛ではありえない……だから小説で書きたいし読みたいんでしょう(笑)。そして、現代ではなくて、ここではないどこか遠い世界、遠い昔だからこそ、胸焦がれるほど憧れるわけで。この胸を締めつける感覚を共有できたなら、書いていてこれほど幸せなことはないです(*^_^*)。

2004-11-16

[]幻想的作品のための10のお題砂漠の夢』 幻想的作品のための10のお題『砂漠の夢』 - 響子さんの書斎 を含むブックマーク

 えーと。昔々、書いた詩もどきです。

 高校卒業した頃だったのかなぁ。18歳かぁ。若いなぁ。

 そのままだと表現が臭すぎたんで、ちょっと書き直してます(^^;)。

  

--------------------


 砂漠を吹きぬける物哀しき風の音。

 国滅び、にぎやかなる人々の生の営みが幻であったがごとく消え失せても、風はただ、砂塵を巻きあげ、吹くのみ。

 空の青さだけが残った地上の悲哀をたたえて。

 これは、風の語る物語。

 必ず戻ると約束した恋人が、この地に帰ってくるのをただ待ち続けた少女の想い。

 そして、夢に破れ、約束を思い出した恋人が故郷の土を踏むとき、そこには、もう少女も、見慣れた町並みも、すべて、砂に埋もれて。

 還るところを永遠に無くしたものの痛恨の念だけが、砂漠を吹きぬける風と共に哭き崩れる。

 それは、砂漠の刹那がみせた蜃気楼。

 誰もが、甘く切ないほどの若き熱情で、夢をみた。

 それが、過酷な砂漠の地に揺らめく脆き蜃気楼だとしても、だからこそ。

 追わずにはいられない。

 生きるために。

 風よ。

 久遠の響きを奏でる風よ。

 若き日の熱情をこめてつくりし歴史、決して還らぬ失われた時代の物語。

 今、しばし、あの輝かしき一瞬へ。

 いざ、帰らん。

--------------------

 シルクロードには心惹かれます。井上靖の『楼蘭』とか神坂智子の『シルクロード』とか、あと『はるか遠き国の物語』も読んでました。お約束ですか(笑)。シルクロードの物語もいつか書きたいなぁ。と思いながら、まだ書いたことないです。それはいつものことなんだけど(^_^;)。

 この詩もどきは、出来はどうあれ(正直、恥ずかしい)、自分の心が一番揺さぶられるテーマです。失ってからどうして人は大切なものに気づくのだろう。時よ、止まれ! と輝かしい時の一瞬を止めてしまいたいと願っても、時は指の間からこぼれ落ちていく。遺跡が好きなのだって、その時代を生きていた人々の幻を見て、なのに彼らはもういない、と時の流れを感じて泣きたい気分になるからなんですよね。私はそこに強くロマンを感じるんです。だから、シルクロードに惹かれるんでしょうねぇ。

2004-11-15

[]幻想的作品のための10のお題 00:06 幻想的作品のための10のお題 - 響子さんの書斎 を含むブックマーク

  • 死者は還る
    • 『永遠の誓い』(完結)で、死者が帰ってくる話を書いてます。書き直して連載中の『永遠の恋人』はまだそこまで話が進んでいないので、旧作の方を紹介(^_^;。

『水の秘蹟』,『未だ来ぬ過去』

 この二つのお題のお話はイメージだけは浮かびました。一つのお話にこの二つのキーワードが入っています。書けるかどうかはわかりませんが……(^_^;。原稿用紙20枚ぐらいにおさまる話だと思うんだけど、私のペースだと書き上げるのにたぶん二ヶ月はかかるし、そのあいだ連載中の話が書けなくなるから……。しくしく。 

 ランスロットと湖の貴婦人の伝承をモデルにした水底に眠る乙女と王との中世ロマンス。美しくて怖ろしい、哀しいバラッドのようなのが書きたいんですよねぇ。

  • あらすじ 

 戦争に敗れて城からに逃れてきた幼い王子は、湖の乙女に助けられ、異界で過ごすこととなった。王子は乙女に亡くなった母を重ねて慕っていたが、成長するにつれて、とこしえの乙女である美しいひとを男として激しく強く愛するようになる。そしてふたたび、王国を取り戻すために水の異界から剣に支配された現世に戻る時、王子は自分と一緒に来てほしいと乙女に告白する。


 わたしの血は赤くない。

 わたしの血は熱くない。

 水底で眠る体には、冷たい水が流れてる。


 と、乙女は哀しく歌うのだった。

 王子は拒絶され、絶望のなかで、水底から剣を抜き取り、異界を去る。そして彼は炎と剣の血ぬられた歌で王国を取り戻した。だが王となった彼の心は満たされず飢えるばかり。次々と隣国を征服し、大陸の覇者となっても、ますます心は飢えて渇くばかり。

 剣で支配した男は剣によって滅びる。

 王は、現世での生を終えた恋人を迎えにきた乙女の腕に抱かれて湖に沈んでいくのだった。ようやく愛と安らぎを手に入れて、二人は暗い水底で――。いや、常若の国で幸せに暮らしているのだ。

 

 というのがだいたいの筋書き。終わり方がまんまアーサー王なんだけど。それをロマンティックに仕立ててみた(^_^;)。これに湖の乙女の「未だ来ぬ過去」のパートが絡んできて、美しくも怖ろしい恋の物語になる予定です。いつか書きたいなぁ(遠い目)。


「未だ来ぬ過去」の一部分。


 湖に生贄として捧げられた乙女は夢をみる。遙か時の彼方の恋人の夢をみる。それは過去のことなのか、未来のことなのか。彼女の時は乙女のまま止まってしまった。

 剣を抱いて水底で眠る乙女は湖の貴婦人。異界の女王。永遠の愛を誓う、短い命の炎を燃やす人間の騎士を愛します。

 これは死者の夢が紡ぐ美しい幻なのでしょうか。ああ、虚ろな眼窩に魚が泳ぎ白い骨に藻が絡む。水底で恋人を待っています。

 

 乙女のパートはこんな感じなんですが。それにしても、怖いな……。私、暗くて哀しい、残酷で美しいバラッドが好きなんだよね。最近は、ケルト系のバラッドばっかり聞いているし。ロマンティックって突き詰めると死の匂いがしませんか。トリスタンとイズーみたいに。


 >有沢さん

 読みたいと言ってくださってありがとう。調子にのって、また書き足してしまったです。

 湖の貴婦人は、ニミュエと同一人物ですね。湖の貴婦人は複数の顔を持っているんで、そのうちの一人というべきなのか。異界の女は、いくつもの顔をもってますから。ややこしいです(^_^;)。

 アーサー王の剣エクスカリバーは、湖の貴婦人から授けられ、アーサーの死によって、湖に戻ります。

 一通り、アーサー王の物語群を読むなら、アーサー王ロマンス (ちくま文庫)がいいんじゃないでしょうか。

 この、剣がなぜ湖の貴婦人から与えられるのかという謎は、ケルト文化事典のケルト神話概説-剣と、大地と水のシンボリズムで考察されていて、とても興味深かったです。本当はこのことについて語りたかったのですが、時間切れです(^_^;)。またの機会に。